性病検査と性病を知ろう!

性病検査と性病を知ろう

性病はセックスによって感染し、発症する病気のことをいいます。基本的に性病の感染は性病を保有している方とのセックスで起こります。特にクラミジアといった性病は、手を握ったりという程度ならさほど問題はありませんが、フェラチオやクリニングスといったことからも感染する可能性があるため、特に不特定多数との関係はリスクを大きく引き上げることになります。一般的な性病の予防として、男性にはコンドームをつけてセックスをしてもらうことで、感染率は減少します。

 

■男女の症状の違い

性病の症状は男性と女性とでは違うものがあります。男性の場合はペニスの周辺に痛みやかゆみを感じるということがあります、例えばクラミジアに感染した場合、尿道付近にかゆみを感じたり、排尿の際になんとも言えない嫌な感じがあったりというような、表面のみならず、体内につながる症状があるようです。

 

女性の性病で主だったものには、カンジダやクラミジア感染症、膣トリコモナスに淋病に外陰炎などがあります。共通している症状として、不正出血があげられます。特にクラミジアや淋病に感染している場合で、不正出血が継続されるケースにおいては、子宮内膜炎が発症していることもあるようです。

 

その他、おりものに血液が混じってしまうケースには、外陰炎や膣トリコモナスやカンジダに感染している可能性があります。

 

■性病の代表例

性病には様々な種類があり、最悪の場合死に至るものもあります。一昔前に多く発症された淋病は、淋菌に感染することで発症します。淋病の症状は、男性の場合ペニスに炎症が起きたり、膿が出るものです。女性の場合は、子宮や卵管に感染するケースがあるため、放置したままですと、不妊症の原因になることもあります。

 

性病の中でも近年多く感染するとされているのがクラミジアです。クラミジアの症状として、女性の場合は子宮頚管部の粘膜に感染することで、子宮の内部や膣内に細菌が入り込みます。セックスによる感染のあと1週間から4週間の間に不正出血が起こったり、セックスや排尿の際に痛みを感じるようになることもあります。

そして膣トリコモナスは、トリコモナスと呼ばれる原虫によって感染します。膣トリコモナスはセックスによる感染後5日から1ヶ月ほどで発症する病気です。おりものに血液が混じったり、黄色い膿に似た悪臭が出ることもあります。

 

もしも、性病かな?と思うことがありましたら、専門医の治療を受けるようにしてください。そして専門医に行くのは抵抗がある方に関しては、専門の性病検査キットがありますので、まずそれで確認してみるのが良いでしょう。

 

 

いろんな症状が出てきますが、きちんと対応して男女ともに清潔にしておきたいものです。特に男性は加齢と共にペニスの不調がよく言われています。サプリメントを服用することで維持されている方もおられます。